太陽光発電が大活躍

大活躍でした

先週雪が積もりました、私が住んでいる地域ではあまり積雪しない為に、子供達は大喜び!寒い中でも雪投げや雪だるまを作って遊んでいます。

 

私も子供達と一緒に外で遊んでいて、ふと家の屋根を見てみると我が家の太陽光パネルにも雪が乗っかってしまっていました。

 

まだチラチラと雪が降っているので当分溶けそうもありません。パネルが斜めに設置してある為に、晴れれば雪は滑り落ちてくれると思うのですがまだ時間がかかりそうです。

 

そうなると心配なのは発電力の方。冬は夏に比べて発電力が少ないので売電の値段も上がりませんが、雪が降ると発電できないので困りものです。

 

どうやら少しでもパネルが出ていれば発電できるそうなのですが・・・見たところは全て雪にうまってしまっています。せっかくの太陽光発電なので、早く雪が落ちてまた発電してほしいものです。

 

そんな点では冬の太陽光発電は少々不利ですが、我が家はこんな日でも暖かで助かります。

 

理由は断熱効果、パネルが断熱材の役割を担ってくれているので、冬でも暖かく暖房費用の節約になっています。

 

あとは雪さえ溶ければ、また太陽光発電が稼働してくれます。

 

パネルで断熱して暖房にかかる電気も発電でまかなって、暖かい冬の太陽光発電生活をenjoyしたいです。